大事な人の葬儀をスムーズにして最高の葬儀にしたい、意外と知らない葬儀と納骨の知識を大まかにまとめたものです。

葬儀のマナーと式典のながれ
葬儀のマナーと式典のながれ

葬儀と納骨の式典のながれ

葬儀のマナーと式典のながれ
葬儀は、どのように、進行して行くのか簡単かつ大まかに葬儀と納骨の流れを説明します。大まかな流れは、お亡くなられた宣告から死亡届、お通夜、葬儀、告別式、火葬、還骨法要までの事を、まとめて、葬儀といいます。少し、詳しく流れを説明すると、医師によって死亡診断書が作成されます。家族や親族、本人の職場や学校に知らせます。中でも友人のうち、ごく親しい人にも知らせる。他の方は、お通夜や葬儀の日程が決まってから知らせるのが、オーソドックスなお知らせの優先順位です。次に、葬儀を進行するための喪主を決めます。病院で亡くなった場合には、遺体の搬送先を決めます。その後に葬儀社を決めます。そして、お通夜や葬儀の日程を決めますが、葬儀社や寺の関係者に相談してから決めます。日程が合わない場合迅速なほかのところに変える必要があります。

そして、退院手続きを取り死亡診断書を受り、市役所や区役所などに死亡届を提出すして、生命保険の手続を行います。ここまでで、大まかな、手続関係は終わります。その後遺体の安置場所を確保し、布団を用意します。遺体の搬送、受け入れを行います。枕飾りなどは、葬儀社がやってくれます。ここで、寺に連絡します。故人の名前、死亡時間、享年、生年月日などを伝え、まずは枕経を依頼する。枕経に来て頂いた際に、お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せをします。供花、供物、宿泊先の手配をして料理の手配、火葬場までの車の手配を葬儀社に依頼します。そして、お通夜受付開始着席僧侶到着・入場開式読経僧侶退場閉式お通夜ぶるまい夜とぎと進み、葬儀・お葬式を行います。受付開始着席開式読経僧侶による焼香弔辞奉読一般参列者による焼香閉式と式は進行します。故人との最後のお別れと出棺をし、火葬場、骨あげ、納骨と進み、一連の流れが終わります。納骨とは、1つは、遺体を火葬したあと、骨壷に入れ、お墓や納骨堂などに納めることです。これは、宗派によって異なります以上が葬儀と納骨の大まかな流れです。

お役立ち情報