葬儀から納骨まで決めなくてはならないことが沢山あり、決定するまでが大変ですが、勉強になります。

葬儀のマナーと式典のながれ

葬儀が終了すると納骨の手続きがあります。

葬儀のマナーと式典のながれ
葬儀が終了し四十九日までの供養が終了すると、納骨を考えないとなりません。寺院の納骨堂にすべきか、お墓を建てるべきか。どちらがよいのかすぐ決定出来ないので、少しお墓について調べてみました。お墓はどこでも勝手に建ててよいわけでなく、法律によって厳密に規定されているそうです。公設墓地や霊園などに墓地を購入する場合でも、土地そのものを買い取るわけでなく永代使用料を支払い、墓地の使用権を取得することになるそうです。埋葬は四十九日以降多いようですが、お墓を用意するのに時間がかかる場合には、遺骨を寺院や霊園の納骨堂に一時預け、一周忌や三回忌をめどにお墓を建立し、納骨してもよいようです。墓石となる石材の多くの場合、ひび割れや変色に強く、吸水率が低いため耐水性にも優れているとされている御影石を使うことが多いようです。墓石に刻む銘は「○○家」(○○家之墓」などが一般的。

石は時間の経過とともに色に落ちつきと深みが生まれるそうです。お墓を建てたときには、僧侶・近親者を招いて開眼供養を行います。これによって、単なる石であったものが、お墓としての意味を持つことになるそうです。お墓は先祖のお参りをする場であると同時に、親族がコミュニケーションを図り、和を保つ場だそうです。調べて感じたことは人は亡くなり骨になり土に還っても、お墓にお参りすることにより亡くなった人と会話もでき、孫子の代までつながる場所だと思いました。

お役立ち情報