葬儀後の納骨をする時に、土の上に骨を散骨することはできないのでしょうか。調べてみましたのでクチコミします。

葬儀のマナーと式典のながれ

葬儀後の納骨と散骨について

葬儀のマナーと式典のながれ
葬儀を終えたあと、納骨をする時に、その骨の全てをお墓に収めてしまうのではなくて土の上に散骨をしたいと考える方もいらっしゃるかと思います。やはり、人というのは土に還るのが基本なのだという考え方の方が増えている事実もあります。では、すべての骨を散骨することができるのでしょうか。基本的に日本では、散骨の風習はなく、また勝手に人の土地に散骨をしてはいけないという決まりが存在します。ですので勝手に散骨をすることはできません。しかし、しかるべき許可をとり、骨の一部を散骨することは可能なようです。ですので、どうしても散骨をしたいという場合には、一部のみを散骨するという方法をとるのが良いのかもしれません。

また、自分のお墓の中ならば、散骨をすることは可能です。基本的に骨は何年かのあいだは骨壷に入れて、お墓の中に保存します。しかしお墓の中というのは全面がコンクリート張りにはなっておらず、一部土がそのまま出ている場所が存在します。これはなぜかといいますと、古くなった骨を土に返すために、その部分はあえて土のままにしておく必要があるからです。そのスペースならば、最初から散骨をすることは可能なのです。ですので、納骨式の時に、骨壷から出してしまい、本来骨壷を置くスペースには何もおかずに、土のスペースにすべての骨を置いてしまうという方法を取れば良いのです。この方法でしたら特に公的な許可を取る必要はありませんので、比較的楽に希望を叶えることができ良いのではないでしょうか。