葬儀の後に火葬した遺骨をお墓や納骨堂に納めることを納骨といい、忌明けしてから納骨式の際に行うことが多いです。

葬儀のマナーと式典のながれ

納骨は葬儀の後の大切な供養行事

葬儀のマナーと式典のながれ
葬儀の後には納骨を行います。納骨というのは個人の遺体を火葬した後に骨壷に骨を納めることを言いますが、一般的にはその遺骨をお墓に納めることをさします。お墓のほかに納骨堂に納める場合もあります。お墓に納める場合は、墓石の下に骨壺を入れます。納骨するお墓がない場合には納骨堂に預けます。遺骨は、遺体を火葬してから供養した後に納骨式を行って納めます。納骨式を行う時期には決まりはありませんが、仏式の場合は四十九日が明けてから行う場合が多いです。四十九日の法要の時にあわせて行う場合が多いです。

宗教によっても時期や行い方は異なります。キリスト教の場合は1か月後の追悼ミサの時に納骨を行う場合が多いですが、1周忌で行う場合もあります。新式では50日目の50日祭が忌明けにあたり納骨を行うことが多いです。納骨後は内輪で集まって供養ということで食事会を行います。葬儀から供養まで行わなければならない事はたくさん続きますが、故人を思う大切な行事なので心を込めて行いたいものです。

最近はお墓を作らずに永代に納骨堂に遺骨を納めるというケースも増えています。継承者がいない場合や墓守をする必要がないという点から人気が上がっています。葬儀の後、一時的に遺骨を保管する場合や訳ありの故人の遺骨を預かるというだけでなく、最近の社会事情に合っているようです。納骨堂にもいろいろなタイプがあり、供養の方法や料金は異なりますのでよく調べて要望に合った所を選ぶのがおすすめです。