葬儀と一緒にしません。納骨はやはりこの世を去ったと思える瞬間です。綺麗な納骨に何を思いましたか?

葬儀のマナーと式典のながれ

葬儀の後で行う、火葬されて納骨です。

葬儀のマナーと式典のながれ
納骨になったら、本当にこの世に去ったと実感できる瞬間です。納骨をダミーに移されています。綺麗な骨が幾つあるのでしょうか?特に若い人と、高齢者では全く違います。やはり歳を取ると衰えを実感していますから、骨も弱っています。葬儀では骨が綺麗とか分かりません。火葬されてそれが分かります。遺族はそれを実感するのが火葬終わった時に説明があります。骨の種類です。若い人は殆んど傷がありません。遺族は実感できませんし、誰にも死を受け入れるのは容易ではありません。最後だと言われていても、やはり本当にその時が来なくては葬儀の案内が来ても実感できない物です。葬儀は楽しんでほしい、故人の意向に拠ります。通夜はまだまだです。葬儀の後、納骨を受け取ったらどのように扱いますか?全ては故人の生前の意向で全てを決めればいいです。遺族の意見よりは、故人の意見を尊重しなければなりません。納骨の扱い方、海に捨てるのも方法です。ずっと残すのも方法です。最後は故人の意見を尊重しなければなりませんが、殆どが何をしたらいいのか分からないのが本音です。

葬儀は疲れます。納骨状態になってようやく一段落つきました。納骨をどのように扱うか、火葬されたらダミーに移して、泣き崩れていきます。特に遺族の方々です。骨が丈夫だと、火葬された後納骨の扱い方に困ります。49日後に始まります。納骨は今、持っていますが、どのように扱えばいいか悩んでいます。生前の活躍の為に一生墓にしまっておきたいです。

お役立ち情報