キリスト教の葬儀では、故人への畏敬と遺族への配慮から、前夜式や告別式だけでなく、納骨にも式をする。

葬儀のマナーと式典のながれ

キリスト教の葬儀では納骨にも式をする

葬儀のマナーと式典のながれ
葬儀といえば、多くの人は仏式というのが日本では一般的ですが、徐々にその他の宗教での葬儀も増えているようです。とくに、キリスト教式の葬儀では、思想的な原因によるものですが、人生の虚しさが感じられず、かえって希望がもてるような葬儀になっているようです。というのは、キリスト教式では、人の死は、終わりではなくて、神様の元に帰るという意味があるのです。そして天国でのすばらしい生活が待っているというのです。確かに仏式でも極楽というものがあるという思想があるのですが、どちらかというと、死後の世界は地獄というイメージが浸透しているために、人の死は悲しく、葬儀は人生の虚しさを感じさせてしまうのでしょう。そういうことで、葬儀はキリスト教式の方が希望が感じられて人々に好かれるのかもしれません。どちらが良いかという問題ではなく、それぞれのすきずきなのでしょう。

そんなキリスト教式の葬儀では、納棺するにも式があり、前夜式もあれば告別式もあり、火葬前式もあれば最後には納骨式もあります。いろいろな式がありますが、一つ一つの式に、亡くなられた方への畏敬と、遺族に対する配慮が行き届いているようです。キリスト教式では人が死ぬと魂は天国に行くが、遺骨はもはや魂のないものという思想がありますが、それであっても遺骨に対しては遺族への最新の配慮から、納骨の式を行います。その式は、神様への礼拝と故人に関することの祈りなどですね。

お役立ち情報